1. TOP
  2. ストーリー
  3. 「葬送のフリーレン」がアニメ化決定

「葬送のフリーレン」がアニメ化決定

 2024/03/06 ストーリー
  40 Views

「葬送のフリーレン」がアニメ化決定 – テンプレートに当てはめるだけで売れる仕組みができる

Contents

「葬送のフリーレン」がアニメ化

「葬送のフリーレン」は原作・山田鐘人さん、作画・アベツカサさんによるマンガ作品です。

 

小学館が発行する「週刊少年サンデー」で2020年より連載が開始し、2023年10月からはテレビアニメも放送が開始された人気作です。

 

小学館のマンガアプリ「サンデーうぇぶり」では、「葬送のフリーレン」の全話を読むことができます。

 

魔王を倒した勇者一行のその後を描く”後日譚ファンタジー”

物語は主人公であるエルフの魔法使いフリーレンが、仲間の勇者たちと魔王を退治した直後に始まります。

 

世界中の様々なファンタジーストーリーが、魔王などの悪を退治するまでを連載開始からわずか3年でアニメ化が実現し、またマンガ界の優れた作品に贈られる第25回手塚治虫文化賞新生賞や第69回小学館漫画賞を受賞した「葬送のフリーレン」。

 

このストーリーでは、作品に登場する魅力的な登場人物たちと、「葬送のフリーレン」のマンガやアニメが楽しめるアプリを紹介します。

 

主軸に描いているのに対して、この作品はまさに終わりから始まりを迎えます。

 

早速登場人物を紹介しましょう!

 

フリーレン

ジョブ:魔法使い

好きなもの:メルクーアプリン

「葬送のフリーレン」の主人公であるフリーレンは1,000年以上生きてきたエルフの魔法使いです。

 

魔王の命で故郷を奪った魔族を憎み、魔法を愛しています。

 

勇者ヒンメルがきっかけで彼の一行(パーティー)に加わり、僧侶ハイター、戦士アイゼンとともに魔王を退治しました。

 

魔王討伐の旅は、時間の流れが異なるエルフのフリーレンにとっては「たった10年の旅」。

 

エルフ特有の浮世離れした感性を持ち、勇者一行との別れも淡々とすませるマイペースな性格でした。

 

ところが、ある出来事をきっかけに、フリーレンは人間に興味を持ちます。

 

そしてかつての仲間と彼女の師匠が導いてくれた旅の目的地、魂の眠る地(オレオール)を目指して、新しい仲間たちと冒険に出ます。

 

「葬送のフリーレン」は胸に刺さるようなドラマやセリフ、魔法や剣による戦いに加えて、思わず笑ってしまうようなユーモアもふんだんに盛り込まれた作品です。

 

師匠から大人のとっておきの技だと教わった「投げキッス」を披露することもあれば、宝箱に化けて開けた人を食べてしまうモンスター、ミミックの罠にたやすく引っかかったり、弟子の誕生日プレゼントを真剣に悩んだり。

 

旅の日常が丁寧に描かれ、道中にはフリーレンの様々な表情が垣間見えます。

 

ヒンメル

ジョブ:勇者

好きなもの:ルフオムレツ

勇者ヒンメルは、1,000年以上にわたる魔王の脅威を退け、伝説の勇者として人々の心に残る存在です。

 

お人好しでカッコつけの性格で、魔王討伐の道中も困っている人がいると必ず手を差し伸べました。

 

お使いごとのような人助けの依頼や、初めて入った迷宮は一つの階層を隅々まで探検してからでないと次に進まないなど、寄り道の天才であり、冒険を心から楽しむ天才でもあります。

 

師匠から大人のとっておきの技だと教わった「投げキッス」を披露することもあれば、宝箱に化けて開けた人を食べてしまうモンスター、ミミックの罠にたやすく引っかかったり、弟子の誕生日プレゼントを真剣に悩んだり。

 

旅の日常が丁寧に描かれ、道中にはフリーレンの様々な表情が垣間見えます。

 

ヒンメル

ジョブ:勇者

好きなもの:ルフオムレツ

勇者ヒンメルは、1,000年以上にわたる魔王の脅威を退け、伝説の勇者として人々の心に残る存在です。

 

お人好しでカッコつけの性格で、魔王討伐の道中も困っている人がいると必ず手を差し伸べました。

 

お使いごとのような人助けの依頼や、初めて入った迷宮は一つの階層を隅々まで探検してからでないと次に進まないなど、寄り道の天才であり、冒険を心から楽しむ天才でもあります。

 

フリーレンの魔法を見て、「生まれて初めて魔法を綺麗だと思った」というヒンメルは、同じ一行(パーティー)のハイターやアイゼンとは違うまなざしをフリーレンに向けていました。

 

ヒンメルのまなざしも声も、フリーレンの記憶の中に残り続けます。

 

そして、新しい冒険で訪れる先々でも、ヒンメルが残した痕跡と彼女は再会していきます。

 

各地に残る勇者ヒンメルの像も、その一つです。

 

ハイター

ジョブ:僧侶

好きなもの:酒

ヒンメルと同じ村の孤児院で育った親友で、自称ひねくれ者。酒好きの生臭坊主ですが、信心深い僧侶であり、戦闘では主に後方支援として防御、回復役を担います。

 

シビアで現実主義者だが、人の機微にさとく、パーティーのムードメーカーであり、優しさで人々を導くところもあります。

 

魔王討伐後は、聖都の司教となり、ヒンメルの思いや信念を残すために尽力しながら、身寄りをなくした少女フェルンを引き取って育ての親となりました。大切な人たちのことを思い、一計を案じることも。

 

アイゼン

ジョブ:戦士

好きなもの:ブドウ(すっぱいほど良い)

エルフと同じく人間よりも長命のドワーフの戦士。強靭な肉体を持ち、真面目な性格で、どこか抜けたところのある勇者一行の他の3人を正論で導く存在です。

 

魔王討伐の旅の後には、ハイターと文通をしながら情報交換をしています。

 

仲間とともにした「くだらない冒険」の思い出はかけがえのない記憶で、弟子のシュタルクにもうれしそうに話します。

 

再会したフリーレンを見て、アイゼンは彼女の寿命の100分の1でしかないほど短いあの冒険が彼女に与えた意味に気づきます。

 

そしてハイターと2人で練った計画で、魂の眠る地(オレオール)を目指す旅へとフリーレンを導きます。

 

フェルン

ジョブ:魔法使い

好きなもの:甘い物

フリーレンの弟子の魔法使いで、がんばり屋でしっかり者、心やさしく面倒見の良い性格です。

 

戦争孤児になったところを、ハイターに助けられ、養女として引き取られました。年老いたハイターを安心させたいと、独学で魔法を習得。

 

本人の資質と努力の賜物で、フリーレンと出会った時には、わずか9歳ながらすでに魔力を操作する力に長けていました。

 

フリーレンの弟子となり、ともに魂の眠る地(オレオール)を目指す旅に出てからは、フリーレンの身の回りの世話を焼いたり、一行(パーティー)のメンバーの不摂生を叱ったりすることも。

 

シュタルク

ジョブ:戦士

好きなもの:ジャンボベリースペシャル

アイゼンの一番弟子の戦士で、師匠も畏怖するほどの実力の持ち主。臆病者だが困っている人を見捨てられない心やさしい性格で、旅中も知らずに人が集まり、よく頼みごとをされます。

 

戦士の村である故郷が魔族に襲われた時に、一人逃げ出してしまい、同じ体験を持つアイゼンに育てられました。

 

戦士としてアイゼンの知るすべてを叩き込まれましたが、ある日アイゼンと喧嘩別れをしてしまいます。いつか師匠への恩返しとして土産話を持って帰りたいと、かつての師匠の旅仲間、フリーレンの一行(パーティー)に加わりました。

 

ザイン

ジョブ:僧侶

好きなタイプ:年上のお姉さん

旅の途中で出会った僧侶。ひょうひょうとした大人な発言をしているけれど、実は心やさしく気配り上手な性格です。

 

子ども時代に一緒に冒険に出ようと約束した親友がいましたが、男手一つで育ててくれた兄を気遣って旅に出ることを諦めていました。

 

不治とされる毒も一瞬で治せるほどの実力者。フリーレンたちと旅をするようになってからは、ケンカの仲裁をするなど、パーティーメンバーたちをつなぐ“大人”の役割を担っています。

 

リュグナー

属性:断頭台のアウラ配下の首切り役人の魔族

「葬送のフリーレン」では、魔族とはどういう存在なのか、その特徴が丁寧に描かれています。

リュグナーは魔族ながら紳士的な見た目で、人間との和睦のために訪れた使者の一人です。

 

冷静沈着な性格で、血を操る魔法(バルテーリエ)を得意とし、血の形状を変化させることで攻守どちらも行いながら戦います。

 

原作マンガで描かれたリュグナーとフェルンの高速な魔法の応酬は、アニメでも素晴らしい演出で表現されています。

 

アウラ

属性:500年以上の年月を生きる大魔族

魔王直下の大魔族の一人で、人心を解さぬ残忍さを持ち、魔族の中でも長寿のため魔力に自信を持っています。

 

彼女が使う「服従の天秤」は、自身と対象の魂を天秤に乗せて、魔力の大きい方が相手を服従させる魔法で、リスクが高いものの、服従させる魔法(アゼリューゼ)で操り人形にした相手を使役してしまう強力な魔法です。

 

圧倒的優勢を誇るアウラにどう向き合うのか。ファンタジー作品の王道である息もつかせぬ緊迫のバトルもまた「葬送のフリーレン」では描き込まれています。

 

フランメ

ジョブ:大魔法使い

好きな魔法:花畑を出す魔法

およそ1,000年前に存在し、今日ではおとぎ話として伝わる人類の魔法の開祖となった大魔法使い。フリーレンの師匠で、魔族を恨み、魔法を愛した人です。

 

卓越した魔法力を持ち、あらゆることを見通したフランメ。その彼女が1,000年後の弟子に向けて残したものとは何だったのでしょうか。

 

フランメが訪れた魂の眠る地(オレオール)は、今日では魔王城のある土地。そこで待つものが何なのか。その答えを求めて、フリーレンたちの旅は続いていきます。

 

ロールプレイングゲームをプレイしたことがある人にはなじみ深い冒険の要素はもちろん含みながらも、それだけでなく日常の仲間同士のやり取りが丁寧に描かれたり、魔法や魔族についての一味違ったテーゼが盛り込まれていたり——。

 

 

魔王を倒した勇者一行のその後を描く”後日譚ファンタジー”「葬送のフリーレン」には、これまでにない新たな王道ファンタジーとしての魅力がつまっています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

テンプレートに当てはめるだけで売れる仕組みができるの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

テンプレートに当てはめるだけで売れる仕組みができるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

イッセイ村山

イッセイ村山

私はこれまで、通信会社で3年ごとに、営業、建設、設計、研究・開発、顧客相談室、教育研修企画などを経験してきました。この経験をあなたのビジネスの中でお役に立てればと思い発信しています。

そのほか、ITコーディネーター(経産省認定)としてビジネスの支援活動や、商工会議所のHP構築セミナー講師を5年ほど実施してきました。
特にネット販売の仕組みの構築では、特にコンセプト及び、コンテンツを大事にするようお伝えしてきました。

また、ISOのセミナー、審査、コンサルもやっていることから、PDCAの考え方はビジネスの基本として取組むことが非常に大切であると考えます。自分の仕事にも役立てています。

どんなビジネスでも仕組みを作り運用することは外せないですね。

今を生き、豊かな生活を送るために、ビジネス及び家族におけるパーソナルコミュニケーションの実践心理学を行っています。

コロナ禍においては在宅勤務が当たり前の時代になりつつあります。孤立したり、自宅内の「家族とのコミュニケーション」、「自宅内におけるビジネスコミュニケーション時のセキュリティ・リスク」など、ますますコミュニケーション力の発揮が求められる時代となってきました。

人と人とのパーソナルコミュニケーションは人が生活して行く上でベースとなる道具です。
人間関係でつまずいたりうまくいかないことの殆どは、自分を知り相手を知ってその違いを理解すれば解決できます。

ですから、人の心理を紐解いてあげると解決できると考えています。
知・情・意と楽観派・慎重派の考えに基づく実践的心理学メソッドは非常に有効です。

皆さんに、このメソッドを理解し、日常の生活とビジネスで使われるようになることを私の役割と思っています。このメソッドとの出会いに感謝し、私の仕事として普及に努めていきたいと考えております。(JPCA組織診断士)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 『ドラゴンボールDAIMA(ダイマ)』スタートいつ?

  • ドラゴンボールの「漫画印税 一冊 440円」で結局100億越え?

  • 鳥山明の「ドラゴンボール」と「ドクタースランプ」のそれぞれのシナリオ展開、あらすじ、

  • チョコレート カカオの効果は血糖値の高い人に・・・

関連記事

  • 「人を動かす7つの原理」普及の名著とは

  • 営業という仕事は、非常に属人的なんて考えてもいません!

  • 知らないと損する!1つの根本的な営業部の課題とは?

  • ISO27001(2013年版)の要求事項(詳細)

  • 営業マンを救った魔法の電車

  • コミュニケーション・メソッドの講座 無料なぜなの? 方法に違い!対処の方法5/12に意味あり