1. TOP
  2. 作家
  3. 鳥山明の「ドラゴンボール」と「ドクタースランプ」のそれぞれのシナリオ展開、あらすじ、

鳥山明の「ドラゴンボール」と「ドクタースランプ」のそれぞれのシナリオ展開、あらすじ、

作家
  37 Views

鳥山明の「ドラゴンボール」と「ドクタースランプ」のそれぞれのシナリオ展開、あらすじ、 – テンプレートに当てはめるだけで売れる仕組みができる鳥山明の「ドラゴンボール」と「ドクタースランプ」のそれぞれのシナリオ展開、あらすじ

 

Contents

ドラゴンボール「週刊少年ジャンプ」

「ドラゴンボール」は、鳥山明さんによって創作された日本の漫画で、1984年から1995年まで「週刊少年ジャンプ」で連載されました。

この物語は、七つ集めるとどんな願いでも一つだけ叶えることができるとされる神秘の球体「ドラゴンボール」を巡る冒険と戦いを描いています。

 

ドラゴンボールを探す旅

物語は、主人公の孫悟空が少女ブルマと出会い、ドラゴンボールを探す旅に出ることから始まります。

悟空は、自身が実は異星人のサイヤ人であること、そして地球を守るために数々の強敵と戦う運命にあることを徐々に知ることになります。

物語は大きく四つのサーガに分けられ、それぞれ異なる敵との戦いが展開されます:サイヤ人サーガ、フリーザサーガ、セルサーガ、そして魔人ブウサーガ。

 

息をのむような戦闘シーン、・・

「ドラゴンボール」の特徴は、息をのむような戦闘シーン、個性的なキャラクター、そして悟空をはじめとするキャラクターたちの成長と友情の物語です。

また、ユーモアが随所に散りばめられており、シリアスな戦いの中にも楽しい要素が盛り込まれています。

世界中で非常に高い人気

鳥山明さんの独特な画風と創造力が光る作品であり、世界中で非常に高い人気を誇り、数多くのアニメ化、映画化、ゲーム化が行われています。

 

ドクタースランプ「週刊少年ジャンプ」

「ドクタースランプ」は、鳥山明さんによる別の代表作で、1980年から1984年まで「週刊少年ジャンプ」で連載されました。

この作品は、変わり者の発明家・則巻千兵衛が創り出した人造人間の少女・アラレちゃんが繰り広げる、ほのぼのとした日常と奇想天外な冒険を描いています。

少女・アラレちゃん

ペンギン村を舞台にしたこの物語は、アラレちゃんの超人的な力と純粋無垢な性格が引き起こすユーモラスな騒動や、村の住人たちとの交流を中心に展開されます。

物語は、一貫して軽妙なタッチで描かれており、独特のキャラクターや斬新なアイデアが満載です。

「んちゃ!」という挨拶

アラレちゃんの「んちゃ!」という挨拶や、彼女の特異な行動は読者に強い印象を与え、愛され続けています。

「ドクタースランプ」の特徴は、科学的なファンタジー要素と日常生活のユーモアが絶妙に融合している点にあるようです。

この作品では、人間関係の温かさや、人生の楽しさを見つけ出すメッセージが込められています。

また、鳥山明さん特有の軽快な画風と、想像力豊かなストーリー展開が特徴で、読者を飽きさせません。その斬新なアイデアとユーモアは、「ドラゴンボール」とは異なる魅力を持ち、幅広い年齢層に愛されています。

 

「ドクタースランプ」は、科学とファンタジーの境界を曖昧にしながら、日常生活の中に溶け込む超常現象を描くことで、独自の世界観を構築していると思います。

 

ペンギン村という架空の村が舞台であるにも関わらず、そこに住む個性豊かなキャラクターたちは、読者にとって親しみやすく、その奇妙な行動や発言が物語にユニークな魅力を加えています。

 

則巻千兵衛やアラレちゃんだけでなく、ガッちゃん、スッパマン、則巻アラレのクラスメイトたちなど、様々なサブキャラクターもまた、物語に深みと色彩を与えています。

 

一方で、鳥山明の作品には、ただ笑いを提供するだけでなく、友情、愛情、努力といった普遍的なテーマが織り込まれており、「ドクタースランプ」でもそれらが垣間見えていいですね。

 

アラレちゃんと村の住人たちとの間に築かれる絆や、互いに支え合う姿は、笑いの中にも心温まるメッセージを読者に伝えています。

 

「ドラゴンボール」と「ドクタースランプの世界

「ドラゴンボール」と「ドクタースランプ」は、鳥山明さんの作品世界の二つの異なる側面を示しています。

 

前者は壮大な冒険と激しい戦闘、後者は日常と非日常が交錯するユーモア溢れる物語です。

 

両作品ともに、鳥山明さんの創造性と画力、ストーリーテリングの才能が光り、世代を超えて多くのファンに愛され続けていると思います。

 

それぞれが異なる魅力を持ちながらも、鳥山明さんの独特な世界観とキャラクター造形の巧みさは、どちらの作品にも共通しています。

鳥山明さんは漫画というメディアの可能性を広げ・・

これらの作品を通じて、鳥山明さんは漫画というメディアの可能性を広げ、後の多くの作家たちに影響を与え続けていると思います。

\ SNSでシェアしよう! /

テンプレートに当てはめるだけで売れる仕組みができるの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

テンプレートに当てはめるだけで売れる仕組みができるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

イッセイ村山

イッセイ村山

私はこれまで、通信会社で3年ごとに、営業、建設、設計、研究・開発、顧客相談室、教育研修企画などを経験してきました。この経験をあなたのビジネスの中でお役に立てればと思い発信しています。

そのほか、ITコーディネーター(経産省認定)としてビジネスの支援活動や、商工会議所のHP構築セミナー講師を5年ほど実施してきました。
特にネット販売の仕組みの構築では、特にコンセプト及び、コンテンツを大事にするようお伝えしてきました。

また、ISOのセミナー、審査、コンサルもやっていることから、PDCAの考え方はビジネスの基本として取組むことが非常に大切であると考えます。自分の仕事にも役立てています。

どんなビジネスでも仕組みを作り運用することは外せないですね。

今を生き、豊かな生活を送るために、ビジネス及び家族におけるパーソナルコミュニケーションの実践心理学を行っています。

コロナ禍においては在宅勤務が当たり前の時代になりつつあります。孤立したり、自宅内の「家族とのコミュニケーション」、「自宅内におけるビジネスコミュニケーション時のセキュリティ・リスク」など、ますますコミュニケーション力の発揮が求められる時代となってきました。

人と人とのパーソナルコミュニケーションは人が生活して行く上でベースとなる道具です。
人間関係でつまずいたりうまくいかないことの殆どは、自分を知り相手を知ってその違いを理解すれば解決できます。

ですから、人の心理を紐解いてあげると解決できると考えています。
知・情・意と楽観派・慎重派の考えに基づく実践的心理学メソッドは非常に有効です。

皆さんに、このメソッドを理解し、日常の生活とビジネスで使われるようになることを私の役割と思っています。このメソッドとの出会いに感謝し、私の仕事として普及に努めていきたいと考えております。(JPCA組織診断士)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 『ドラゴンボールDAIMA(ダイマ)』スタートいつ?

  • ドラゴンボールの「漫画印税 一冊 440円」で結局100億越え?

  • 鳥山明の「ドラゴンボール」と「ドクタースランプ」のそれぞれのシナリオ展開、あらすじ、

  • チョコレート カカオの効果は血糖値の高い人に・・・

関連記事

  • 『ドラゴンボールDAIMA(ダイマ)』スタートいつ?

  • ドラゴンボールの「漫画印税 一冊 440円」で結局100億越え?