1. TOP
  2. コミュニケーション
  3. コミュニケーション・メソッドの講座 対処方法1/12

コミュニケーション・メソッドの講座 対処方法1/12

ビジネスコミュニケーション・メソッド(トップ営業マンを目指す方はこちがおススメです。ビジネスコミュニケーション・メソッド)の講座とコミュニケーション講座について少しお時間を頂いてから述べています。

最初はコミュニケーションが必要となって来た背景と、ご紹介するメソッドの特徴について示していて、

 

豊かなコミュニケーション力がお互いを理解しあえる世界を作ります。

ここでは、パーソナルコミュニケーション・メソッドについてお話ししていますがビジネスコミュニケーション・メソッドも基本は同じです。

 

ここでは、パーソナルコミュニケーション・メソッドについてお話ししていますが、ビジネスコミュニケーション・メソッドも基本は同じです。

 

パーソナルコミュニケーション・メソッド(ビジネスコミュニケーション・メソッド)では、個人が生まれながら持っている知・情・意によって

あらわされる「フィーリング・アクティブ・マインド」の性格と、「楽観派・慎重派」で表される性質(気質)において違いが出てきます。

 

また、人が生活して行くには、おかれた環境対応において「社会対応と人的対応」の場面で、楽観派・慎重派の性質(気質)によって違いがあらわれます。

 

さらに、意思決定においては知・情・意に関わる「フィーリング・アクティブ・マインド」の性格性によって違いが現れます。

 

これらの性質(気質)と性格性とによって、人それぞれタイプ1~タイプ12に分かれこのタイプに

よる傾向性が大きくあらわれることが知られています。

そこでこのタイプ1~タイプ12について順番に見て行きましょう!

<自分のことを知って、相手のことを知る。そしてその違いを知って、相手のことを認める。

これがパーソナルコミュニケーション・メソッドの原点となっています。

ビジネスコミュニケーション・メソッドについて詳しくはこちら

では、タイプ1から見て行きましょう。

 

パーソナルコミュニケーション・メソッドのタイプ1の人の悩みと答え

<コミュニケーション能力の基礎と言われる、心理的なプレッシャーに弱いと言われ悩んでいます>

 

自分は、とりあえず何ごとも受け止めておいて、

そのときの相手にすご~く気遣います。

 

ですから、信頼している人からの依頼にはすぐにお答えをするようにします。

 

周りの出来事において、私が何かをしでかしたか又は、関係したのかとか

人とお話をしていて、その時の話題に関連して

とても心理的なプレッシャーを感じます。

 

それにくわえて、ストレスを感じてしまって黙ってしまうところがあります。

 

と言うように、あなたは悩んでいませんか?

タイプ1の人の特徴です。

そんな心配はいりませんよ!

 

それがタイプ1のあなたの良さですよ

といわれても・・・

引き続いて読んでみてください。

きっとご理解と納得いただけますよ。

 

 

コミュニケーションで対人的なプレッシャー・ストレスを感じて寡黙になる。

人の話はたいていのことはとりあえず受け止めるようにしています。

 

でも、だからと言って本気で受け止めてはいないことが多く

ですので、すぐに本気になることはありません。

 

いつもたいていのことは

自分のペースを保ち、周りの人から入って来る話などを聞いて

じっくりと物事を見ながら、捕らえながら対応していくところがあります。

 

心理的なプレッシャーを感じ、ストレスを感じる

と、あれこれ考えてしまいその不安から混乱を生じてしまう傾向があります。

 

大丈夫です!

あなたは人にやさしさを持って接する人ですので

周りの人の事を気遣うことのできる人なのです。

 

それはあなたしかできません。

とても素晴らしいところなんです。

 

多少のストレスを受けても

受け止める器をもっていますので

聞き上手になってあなたの存在価値を高めてくださいね。

 

その他、『物事の反応の仕方』、『表現の仕方』、『決断の基準』の特徴があります。この違いを知ることによってあなたは自分を理解できます。もし、自分に当てはまらないとしても相手の方かもしれません。そのように理解することはコミュニケーションでは大事な事です。

 

以下を参考にして読み進めてください。きっと役に立ちます。

 

タイプ1の方の『物事の反応の仕方』

  • 見た目以上に慎重・手探り・何ごともとりあえず受け止める。本気にならない
  • 信頼している人からの依頼にはすぐ反応・自分なりのペース・じっくりと物事を捉えていく
  • 物や人に対して心理的なプレッシャー・ストレスを感じると寡黙・拗ねる・不安感から混乱を生じる

 

 

タイプ1の方の『表現の仕方』

  • 一般に口が重い・ジョークなどを交えた軽い会話は苦手・ゆっくり目
  • 馴れた環境では直接的な表現・親しい人には思ったことをストレート・家族や身近な人には、口が悪い
  • 自分の心情を言葉にして表現することは苦手・言葉が足りない・甘え

 

 

タイプ1の方の『決断の基準』

  • 楽しく生活するということが人生の基本・素直な自己表現・家族主義
  • 自分の心に素直・律儀かつ正直・自分にとっての心地良さ・精神的な安心感
  • 誠心誠意対応・そのことが人のためなるか否か・自己犠牲感

 

 

追伸:

営業マン及び会社組織の中で仕事を進めるために、お互いの個性知って楽しいビジネスライフを手に入れ、毎日を送るビジネスコミュニケーション・メソッドについてお話をしています。

 

\ SNSでシェアしよう! /

テンプレートに当てはめるだけで売れる仕組みができるの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

テンプレートに当てはめるだけで売れる仕組みができるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

イッセイ村山

イッセイ村山

私はこれまで、通信会社で3年ごとに、営業、建設、設計、研究・開発、顧客相談室、教育研修企画などを経験してきました。この経験をあなたのビジネスの中でお役に立てればと思い発信しています。

そのほか、ITコーディネーター(経産省認定)としてビジネスの支援活動や、商工会議所のHP構築セミナー講師を5年ほど実施してきました。
特にネット販売の仕組みの構築では、特にコンセプト及び、コンテンツを大事にするようお伝えしてきました。

また、ISOのセミナー、審査、コンサルもやっていることから、PDCAの考え方はビジネスの基本として取組むことが非常に大切であると考えます。自分の仕事にも役立てています。

どんなビジネスでも仕組みを作り運用することは外せないですね。

今を生き、豊かな生活を送るために、ビジネス及び家族におけるパーソナルコミュニケーションの実践心理学を行っています。

コロナ禍においては在宅勤務が当たり前の時代になりつつあります。孤立したり、自宅内の「家族とのコミュニケーション」、「自宅内におけるビジネスコミュニケーション時のセキュリティ・リスク」など、ますますコミュニケーション力の発揮が求められる時代となってきました。

人と人とのパーソナルコミュニケーションは人が生活して行く上でベースとなる道具です。
人間関係でつまずいたりうまくいかないことの殆どは、自分を知り相手を知ってその違いを理解すれば解決できます。

ですから、人の心理を紐解いてあげると解決できると考えています。
知・情・意と楽観派・慎重派の考えに基づく実践的心理学メソッドは非常に有効です。

皆さんに、このメソッドを理解し、日常の生活とビジネスで使われるようになることを私の役割と思っています。このメソッドとの出会いに感謝し、私の仕事として普及に努めていきたいと考えております。(JPCA組織診断士)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 営業のプロセスを見える化ってできるの?

  • お得意さんを増やすために5つの質問に答えられるか?

  • 今一番営業業務に必要なスキルとは?マップシートで可視化

  • 仕組みがないビジネスは8割!あるのは2割!?

関連記事

  • コミュニケーション・メソッドの講座 対処の方法12/12に意味あり

  • コミュニケーション・メソッドの講座 対処の方法10/12に意味あり

  • コミュニケーション・メソッドの講座 無料なぜなの? 他との違いは対処の方法7/12に意味あり

  • コミュニケーション・メソッドの講座 対処の方法6/12に意味あり

  • コミュニケーション・メソッドの講座 対処の方法9/12に意味あり

  • コミュニケーション・メソッドの講座 対処の方法3/12に意味あり