1. TOP
  2. CustomerSuccess
  3. 売り上げが落ちたときに絶対やるべき3つのこととは?

売り上げが落ちたときに絶対やるべき3つのこととは?

 2022/02/07 CustomerSuccess   481 Views

売り上げが落ちたときに絶対やるべき3つのこととは? – パーソナルコミュニケーション・メソッド環境が激変している今、売り上げが落ちたときの経営が考えるべきことは、会社を取り巻く環境の変化です。

 

しかも、行き当たりばったりではなく普段からやるべきことがあります。

 

Contents

営業プロセスでの「仮説」「実証」「検証」

 

営業プロセスでの「仮説」「実証」「検証」はあまり聞いたこともやったこともないと言う人が多いと思います。

 

行き当たりばったりの営業活動からは「なぜうまくいったのか」「なぜ効果がなかったのか」  といった検証ができません。

 

営業は科学である

営業は科学であるといわれます。その事例として、セブン・イレブンジャパンの鈴木敏文会長が確立した「仮説と検証」です。

 

セブン・イレブンの店舗の1日の売上高が、他社のコンビニより平均10万円以上も違うと言うときがありました。

 

鈴木会長の経営ポリシーである「基本の徹底」と「変化への対応」、機会損失を減らすこと  けではなくて、買い手の感覚的な要素で選択する商品を置いておくことだそうです。

 

その例として、店舗のロケーションによって、

・運動会や町の催し物がある時には、仕入れ量を増やす。

・気温23度以上になる時にはビールの仕入れを増やす。

・気温20度以上では冷やしそばを仕入れる。

・気温1度では、おでんなどの暖かい物が売れる。気温20度になった時点で、設備

を撤去する。このため、4月には店舗から撤去。

 

このように、仮説を立て、店舗で実証し、その結果を検証するというサイクルを徹底したことが、他のコンビにとの売り上げの違いが如実に物語っているとのことでした。

 

お客様にとっての価値

お客様にとっての価値(抱える問題、関心ごと)を見つけることが重要なのです。お客様の変化は常に起こっています。この変化に対して、機敏に対応する必要があります。

 

鈴木敏文セブンイレブン元会長が言っている「仮説と検証」の「仮説」であり、言い換える  なら「タイミング」とか「機会」ではないでしょうか。

・法令の制定・改定

・災害(地震、風水害)

・年中行事(祭事、記念日)

・季節

・トレンド(社会問題:年金、介護、医療)

・労働問題(サービス残業、個人情報漏洩、賃金・退職金、コンプラ 等)

コロナ禍での緊急事態宣言

 

つまり、収益アップにつながること

「どういうときにお客様は反応するか」、

「あなたの顧客はどんなことに悩み、どんな問題を抱えているのか」、

「あなたの扱う商品(サービス)がお客様の抱える問題解決にどのように貢献できるのか」、

「その商品・サービスは競合他社と、どう違うのか」、

「なぜ、あなたから購入しなければならないのか」、

「あなたから商品を購入すると、どんなメリットがあるのか」

 

これらの問いに対して答えられることが、あなたの収益アップにつながるのです。

\ SNSでシェアしよう! /

パーソナルコミュニケーション・メソッドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

パーソナルコミュニケーション・メソッドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 私のルールにしていること

  • コロナ禍で、生き残った会社のやったこととは?

  • 食品の値上げに関するプレスリリースの件数、前回比120%

  • 今、対面営業出来ない!これさえわかれば100%できます。

  • コロナ禍で、生き残った会社のやっていることとは?

  • オレオレ詐欺をAIが見破った!?社長、あなたは見破れますか?