1. TOP
  2. ISO9001
  3. ISO超入門とコミュニケーション

ISO超入門とコミュニケーション

 2020/07/24 ISO9001 コミュニケーション
この記事は約 5 分で読めます。 62 Views

ISO9001超入門とは、あなたがいま携わっている仕事は、ISO9001規格では”ここ”ですよ!、ここに該当するんですよ!と説明することを指しています。

 

公開でのISO9001セミナーでは、”規格の「要求事項」を説明します。ISO9001の規格では「要求事項」として定めているからこれを実現しなければ不適合になる。”と、そんな規格の説明の仕方では受講者のかたの仕事との関係が理解できるわけがありません。

 

まるで概念や理想の話を聞いているようなセミナーになってしまって、わかったようなわからないようなセミナーだったと言う残念な結果になっています。

 

それで、何となく一方的な説明で終わってしまって、受講証明書をもらって帰ってきて、あなたは「ISO9001:2015規格要求事項 解説セミナー修了者」として認定される?

 

ISO9001超入門

 

ISO9001超入門とは、入り口に入る前の「中に入るとこんな風になっていますよ」と言った説明のようなものです。

 

あなたのお仕事はここに当たります。と言った話をします。

 

で、仕事の仕組みは、現実はそのように作られていないことがあったり、つくられていても表面的であったりして、なんで?と言った疑問が湧いてくることがあります。

 

そこで大事なのが、あるべき姿と現実のギャップです。そのギャップをどのように改善して効率を上げるか、生産性を上げるかを皆で考え、取り組むかです。

 

このことがムダをとり成果を上げることになります。その時改善は一人ではできませんので、職場の仲間と一緒に改善をしなければひとり浮いてしまいます。ですのでコミュニケーションをとりながら改善を進めることをお勧めします。

 

仕事の理解とコミュニケーション

何かのきっかけでしか仕事を振り返ることがないのが現実だと思います。初めて仕事についてから、只々先輩諸氏に言うがままに教わって、今まで来たとすれば、良いも悪いもわからないし、他社はどうやっているのだろう?など思うことはないでしょう。

 

でも、健全にコミュニケーションがされていれば、ご自分の会社のレベルは大丈夫?などと思うことは自然に起きてきます。

 

でも、第三者として仕事の内容を伺うと、”うちは特別だから・・”という言葉が返ってくることが多く感じます。

 

自社の仕事は、他社でも同じように行われていることが殆どです。第三者からみると自社は特別だとおもっている人は非常に多くいます。

 

世の中の仕事は、業種ごとにほぼ同じで、やり方は見えみえで「自社だけが特別」なことはありません。”中の人”はそう思っているだけでほとんど知られています。

 

それだけに、社内のコミュニケーションを良くして他社の良いところを真似て改善をした方がムダな作業をしなくて済みます。

 

オンラインセミナーZOOM無料

オンラインセミナーをZOOMでやることは全国どこにいても受講できます。とても素晴らしい時代になりました。

 

一人でも多くの方にオンラインセミナーzoom無料ISO9001超入門の話を聞いてほしいと思っています。時間を割いてぜひ聞いてほしいと思っています。

 

ISO9001超入門

 

これまでに私はISO9001,14001,27001のコンサルタント、ISO9001,14001,27001審査、ISO9001,14001,27001セミナー講師をしてきました。その経験からから得られたことを、このISO9001超入門にまとめてみました。

 

会社組織の中にいますと、そこでなされていることの課題が何か?は見えにくいものです。その課題を第三者から見るとすぐにわかるものです。

 

どのようにしたら良くなるのか?その答えの一端をISO9001超入門で話しています。

 

ぜひ時間を割いてご参加ください。無料です。最後までお聞きいただくと「修了証書」を発行いたします。

 

ISO9001超入門修了者の方に「ISO9001規格解釈コース」にご優待致しております

ISO9001超入門修了者の方は、仕事とISO9001のことをご理解頂いておりますので、ISO9001規格解釈はとてもスムーズに頭にはいります。

 

「ISO9001規格解釈コース」の説明を聴くとスムーズにに頭に入り、仕事への意欲も湧いてとても前向きになります。加えて改善への意欲も増し、良いサイクルに入ることができます。

 

ご自分のスキルアップにもなります。

 

在宅・リモートワークでも自己管理の仕方、PDCAの回し方も身に付きます。

 

在宅のリモートワークで仕事への向き合い方ははじめは戸惑うことが多いと思いますが、時間管理と自己管理の仕方がスムーズにできてあまり戸惑うことは少ないと思います。

 

PDCAの回し方

仕事への向き合い方がわかると、計画を立てることも抵抗がなくなりPDCAの回し方も身に付いていきます。

 

PDCAは、

・plan(計画)

・Do(実施)

・Check(確認・レビュー)

・Action(改善)

のことです

まとめ

・ISO9001超入門とは、入り口に入る前の「中に入るとこんな風になっていますよ」と言った説明

・仕事への向き合い方がわかる

・コミュニケーションの大事さを理解できる

・オンラインセミナーをZOOMで開催しているのでどこにいても受講できる

・PDCAを理解して回せるようになる

・時間管理と自己管理の仕方がスムーズにできる

 

\ SNSでシェアしよう! /

オンラインセミナーZOOM 無料 ISO9001超入門と仕事の理解(修了証書発行)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンラインセミナーZOOM 無料 ISO9001超入門と仕事の理解(修了証書発行)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

IISEI.M

私はこれまで、通信会社で3年ごとに、営業、建設、設計、研究・開発、顧客相談室、教育研修企画などを経験、まるで転職のようなことをやってきました、やらされてきたと言った方が良いかもしれません。この経験をあなたの生活及びビジネスの中でお役に立てると思い発信しています。

そのほか、ITコーディネーター(経産省認定)としてビジネスの支援活動や、商工会議所のHP構築セミナー講師を5年ほど実施してきました。
ネット販売の仕組みの構築も大事ですが、買ってもらってなんっぼと言えるでしょう。
特にコンセプト及び、コンテンツは重要です。

また、ISOのセミナー、審査、コンサルもやっていることから、PDCAの考え方はビジネスの基本として取組むことが非常に大切であると考えます。自分の仕事にも役立てています。

どんなビジネスでも仕組みを作り運用することは外せないですね。

今を生き、豊かな生活を送るために、ビジネス及び家族におけるパーソナルコミュニケーションの実践心理学を行っています。

コロナ禍においては在宅勤務が当たり前の時代になりつつあります。孤立したり、自宅内の「家族とのコミュニケーション」、「自宅内におけるビジネスコミュニケーション時のセキュリティ・リスク」など、ますますコミュニケーション力の発揮が求められる時代となってきました。

人と人とのパーソナルコミュニケーションは人が生活して行く上でベースとなる道具です。
人間関係でつまずいたりうまくいかないことの殆どは、自分を知り相手を知ってその違いを理解すれば解決できます。

ですから、人の心理を紐解いてあげると解決できると考えています。
知・情・意と楽観派・慎重派の考えに基づく実践的心理学メソッドは非常に有効です。

皆さんに、このメソッドを理解し、日常の生活とビジネスで使われるようになることを私の役割と思っています。このメソッドとの出会いに感謝し、私の仕事として普及に努めていきたいと考えております。(JPCA組織診断士)

この人が書いた記事  記事一覧

  • ISO9001 必要性と要求事項解説 解釈セミナーで成果規格2015年度版の意図”理解、解釈”

  • ISO超入門とコミュニケーション

  • コミュニケーション・メソッドの講座 無料なぜなの? 他との違いは対処の方法6/12に意味あり

  • コミュニケーション・メソッドの講座 無料なぜなの? 他との違いは対処の方法12/12に意味あり

関連記事

  • コミュニケーション・メソッドの講座 無料なぜ? やり方に違い!対処の方法2/12に意味あり

  • コミュニケーション・メソッドの講座 無料なぜなの? 他との違いは対処の方法8/12に意味あり

  • コミュニケーション講座が無料でしかもスマホで。2つのタイプをここまでも教えてもらえるなんて!

  • コミュニケーション・メソッドの講座 無料なぜですか? 方法に違い!対処の方法4/12に意味あり

  • コミュニケーション・メソッドの講座 無料なぜなの? 方法に違い!対処の方法5/12に意味あり

  • コミュニケーション・メソッドの講座 無料なぜ? やり方に違い!対処の方法3/12に意味あり