1. TOP
  2. 作家
  3. ドラゴンボールの「漫画印税 一冊 440円」で結局100億越え?

ドラゴンボールの「漫画印税 一冊 440円」で結局100億越え?

 2024/03/09 作家
  46 Views

ドラゴンボールの「漫画印税 一冊 440円」で結局100億越え? – テンプレートに当てはめるだけで売れる仕組みができる「強敵は編集者がモデル」「かめはめ波は妻が提案」偉大すぎる伝説

 

『ドラゴンボール』や『Dr.スランプ』で知られる漫画家・鳥山明さんが、3月1日に亡くなっていたことが、8日、『ドラゴンボール』の公式X(旧Twitter)で発表された。68歳。

 

死因は急性硬膜下血腫と発表され、《熱心に取り掛かっていた仕事もたくさんあり、まだまだ成し遂げたいこともあったはずですね。ご冥福を祈ります。

 

鳥山さんは世界的な大ヒット作を世に送り出し、漫画界に数々の伝説を残してきました。フランスのマクロン大統領もメッセージを送っています。

 

そもそも鳥山さんは、デザイン会社でデザイナーをしていたけれが、地道な作業の繰り返しに嫌気が差していました。

 

そんなある日、喫茶店で偶然手に取った『週刊少年マガジン』の新人賞の記事を見つけ、23歳にして初めて漫画を執筆することになったとのこと。

 

ところが、締め切りに間に合わなかったため、賞金が一緒なのにページ数は半分でよかった『週刊少年ジャンプ』の新人賞に応募することとなって、

 

入賞には及ばなかったものの、当時『週刊少年ジャンプ』の編集者だった鳥嶋和彦氏にセンスを認められ、作品を見せるようになっていったようです。

 

そんな鳥嶋氏をモデルにしたDr.マシリトも登場する『Dr.スランプ』に続き『ドラゴンボール』が大ヒット。

 

主人公・孫悟空らの必殺技として知られる「かめはめ波」の名前の由来は、2019年6月13日放送の『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』(NHK総合)で鳥山さんの妻が提案したものだと明かされている。

 

鳥山さんは書面で、「亀仙人の必殺技で『カメ』を使った言葉を考えていたところ、奥さんが『かめはめ波ってどう?』と。

それを『面白い!』と思って採用した」と明かしていました。

 

Contents

予想印税収入はいったいいくら?

『ドラゴンボール』は漫画版だけで2億6000万部を売り上げています。

ウェブ『dmenuマネー』掲載の「予想印税収入ランキング」では予想印税収入は114億4000万円とされている。

 

印税の計算の仕方

印税は出版社によって異なりますが、一般的には8~10%程度と言われています。

仮に10%と設定されている場合、500円のコミックが1冊売れると50円が入ってくる。

印税を10%と仮定して、歴代発行部数から、印税収入を予想すると、ドラゴンボールは1冊440円で、発行部数が2億6,000万部、その結果。

『ドラゴンボール』の予想印税収入が・・・

114億4,000万円となります。

 

アニメなどのグッズ収益などをあわせると生涯収入は天文学的数字

さらに、アニメなどのグッズ収益なども含めると、鳥山さんの生涯収入は天文学的数字だったことは想像できます。

 

鳥山さんの死去に、関係者の方はSNSではさまざまな意見が寄せられていました。

 

《鳥山明さん亡くなられたの見てすごいびっくりした 伝説の漫画家が…》

 

《思い出がワッと頭を駆け巡る、 こんなに大切な思い出が沢山あったんだって。 本当に本当に悲しい。 鳥山明先生、ありがとうございました》

 

《鳥山明先生、私は小さい頃からドラゴンボールが大好きで、小さな悟空から大人に成長した悟空まで大好きです。先生が命を吹き込んだ素晴らしいキャラクター達、その言葉になんど助けられ、励まされたことかわかりません》

 

『ドラゴンボール』の知られざる舞台裏

「『ドラゴンボール』の知られざる舞台裏を、鳥山さんにアドバイスを送り続けた鳥嶋さんが、2015年4月24日放送の『漫道コバヤシ ドラゴンボールZ 復活の「F」公開記念スペシャル』(フジテレビ系)で明かしていました。

 

ピッコロ大魔王、フリーザ、魔人ブウなど歴代の悪役の見た目は、連載当時の担当編集者がモデルになっているとのこと。

 

『イヤなやつ』の代表は歴代編集者!?

悪役をつくるのが苦手な鳥山さんにとって、『イヤなやつ』の代表は歴代編集者だったのだそうです。

 

また、アニメ『ドラゴンボール』は、孫悟空が成長してからタイトルに『Z』がつきましたが、『タイトルを変更して新番組という体裁にすると宣伝費が豊富に使えるから』という理由からでした」(芸能ライター曰く)

 

完全新作アニメシリーズ『ドラゴンボールDAIMA(ダイマ)』が、2024年秋からスタート。

鳥山さんもストーリーなどに関わった完全新作アニメシリーズ『ドラゴンボールDAIMA(ダイマ)』が、2024年秋からスタート。

 

1作めからキャラクターデザインを務めてきた『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』も発売日未定ながら制作中とのこと。

 

今後も鳥山さんの作品は世界中で愛されていくと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

テンプレートに当てはめるだけで売れる仕組みができるの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

テンプレートに当てはめるだけで売れる仕組みができるの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

イッセイ村山

イッセイ村山

私はこれまで、通信会社で3年ごとに、営業、建設、設計、研究・開発、顧客相談室、教育研修企画などを経験してきました。この経験をあなたのビジネスの中でお役に立てればと思い発信しています。

そのほか、ITコーディネーター(経産省認定)としてビジネスの支援活動や、商工会議所のHP構築セミナー講師を5年ほど実施してきました。
特にネット販売の仕組みの構築では、特にコンセプト及び、コンテンツを大事にするようお伝えしてきました。

また、ISOのセミナー、審査、コンサルもやっていることから、PDCAの考え方はビジネスの基本として取組むことが非常に大切であると考えます。自分の仕事にも役立てています。

どんなビジネスでも仕組みを作り運用することは外せないですね。

今を生き、豊かな生活を送るために、ビジネス及び家族におけるパーソナルコミュニケーションの実践心理学を行っています。

コロナ禍においては在宅勤務が当たり前の時代になりつつあります。孤立したり、自宅内の「家族とのコミュニケーション」、「自宅内におけるビジネスコミュニケーション時のセキュリティ・リスク」など、ますますコミュニケーション力の発揮が求められる時代となってきました。

人と人とのパーソナルコミュニケーションは人が生活して行く上でベースとなる道具です。
人間関係でつまずいたりうまくいかないことの殆どは、自分を知り相手を知ってその違いを理解すれば解決できます。

ですから、人の心理を紐解いてあげると解決できると考えています。
知・情・意と楽観派・慎重派の考えに基づく実践的心理学メソッドは非常に有効です。

皆さんに、このメソッドを理解し、日常の生活とビジネスで使われるようになることを私の役割と思っています。このメソッドとの出会いに感謝し、私の仕事として普及に努めていきたいと考えております。(JPCA組織診断士)

この人が書いた記事  記事一覧

  • 『ドラゴンボールDAIMA(ダイマ)』スタートいつ?

  • ドラゴンボールの「漫画印税 一冊 440円」で結局100億越え?

  • 鳥山明の「ドラゴンボール」と「ドクタースランプ」のそれぞれのシナリオ展開、あらすじ、

  • チョコレート カカオの効果は血糖値の高い人に・・・

関連記事

  • 『ドラゴンボールDAIMA(ダイマ)』スタートいつ?

  • 鳥山明の「ドラゴンボール」と「ドクタースランプ」のそれぞれのシナリオ展開、あらすじ、